S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

((ま)) の ぷろふぃーる

まんじゅぉ

Author:まんじゅぉ
自画像です。
これに似てる言われて送られてきました・・(シーズンⅡ)

・・って、もうええわっ!!
ポイッ((;=゚Д゚=)ノ⌒ ∧__∧


最近、日記がメインで運営させていただいております。。

ちなみに、
管理人の基本の性格は、
・一人が好き
・さみしがり屋

結論、矛盾人間…なのです、が!

人と触れて
笑顔になれて
心温まることが、何よりも好きです。

「 一歩、足跡ついたなら、それが縁 」

人との関係を大切にしていきましょ~

【 かうんたー 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒 + 黒 = 面白い


今日は、(人を選ぶ)僕のお気に入りを紹介したいと思います。



しんぷそ~んず~♪

51Bj3bLnuYL.jpg



シンプソンズにはまっています。


アメリカのアニメです。

アニメを見ていない方でも、CMで一度くらいは目にしたことがあると思います^^

かなり歴史のあるアニメです。映画化もされました。


僕が今まで見てきた作品の中で、最も声を出して笑わしてくれたアニメです。


特に、パパさん(ホーマー)のキャラがすごすぎます。(絵の真ん中)

あの野蛮人は、かなりツボですw



でも、実際にはあんな父親イラナイw



それと、作中には強烈なブラックジョークが織り交ぜられており、

その内容がわかればさらに、作品を楽しめることでしょう。


かなりおすすめです^^



ブラックジョークと言えば、こちらもかなり黒いですw

... Read more ▼
スポンサーサイト

孤独

今回は、文章のみです。内容、若干重いです。


「明日、君がいない」 という映画を観ました。


この映画は、とても静かな映画であり、

内容は、そこら中にありふれた日常風景であるにも関わらず、

この映画の破壊力は、すさまじかったです・・。


見終わった後の余韻は、とても長残りそうです。

それほど、10代の少年たちの内面や、彼らが抱える問題について考えさせられる内容でした。


映画好きな方は、ぜひ見てほしい一作です。

登場人物の同世代である若者たちや、親御さん方は、特に見るべきです。

ただ、精神的に薄弱な方は、あまりに強烈な内容の為、おすすめはできかねますw

... Read more ▼

誰の中にもジョーカーがいる。

二日酔いで頭が痛いまんじゅぉです。



昨日、「ダークナイト」見てきました。


... Read more ▼

集まれ! 昌鹿野編集部 イラスト

s-masakano.jpg








ラジオ ・ 集まれ!昌鹿野編集部が面白い・・・

http://anitama.com/bangumi_i/masakano.html




俺自身は、最近になってニコニコから聞きはじめたんですけどねー、


この番組、まぢに面白いですよ♪^^




何が面白いかっていうと、


この番組はですねー



発言にタブーがないアウトローな番組・・なわけですよ。




ち○ことか



小豆(ち○び)とか、





普通のラジオなら、間違いなく放送禁止になるような単語を


堂々と、日常会話のようにしゃべっています。





業界の暴れん坊こと小野坂昌也さんのその下トークは当然ながら、


それを完全に処理する、相方の鹿野優以♀がすごい。





「鹿野さんは、うん○しますか?」


と、いう質問に対して、


アイドル声優、または大半の女の子ならば、ここは間違いなく、


「ええー、しないですよぉー」


なんて、答えるはずです。  しかし、われらが編集部の鹿野は、







「う○こ? ええ、しますよー」




 ・・・・・・・・



なんて女だよ!!鹿野優以って女はよぉ!!(゚ロ゚屮)屮





もはや、彼女には恥なんてありません。



彼女にあるのは、リスナーへの愛のみですww






そして何よりも凄いのが、



業界の裏事情を、これでもかってほど、ばらしますwww



正直、


この番組のせいで、小野坂さんは何人の敵を作っているのでしょか・・・


果てしないですね・・・





まあ、人の目を気にしない生き様ってのは、


現代人に足りない部分でもあるので、


先を見ない発言力というのは、尊敬に値するものだと思います。









そんな感じで、まんじゅぉは、昌鹿野を強く押しますww


機会があったら、皆さん聞いてみてください。




じゃあ、また来週~

レ・マ・ン・湖ー!!! うふふふふ・・・"(((( ´,,_ゝ`))))(サザエさん風にww

レビュー:図書館戦争(アニメ)

図書館戦争終わっちゃった・・・。


毎週見てた作品が終わっちゃうと、どうしようもない空虚感が残るよね…。゚゚(泣´Д`)゚゚


特に、この図書館戦争という作品は、終わることをとても惜しんでしまう作品でした。

まあ、しかし、最終回後を続けるとなると、かなりgdgdになりそうなんで、

中々にいい引き具合だったと思います。


しかし、あれですねー。

まんじゅぉ自身、普段からラブコメを敬遠してたんですよねー。

…何でかって? だってラブコメって、まずいちゃいちゃする風景が見ててイライラする。

は?フラグがたった? ふざけんな!!自分以外が幸せになったって喜べねぇんだよカスが!

・・・ああ、失敬。

それと、終始にわたるdrdr(だらだら)、gdgd感がひどくてもう見てらんねーからですwww

んで、何よりも、それを見て、にやけてしまっている自分自身が嫌なんです・・・!!爆


・・・話を戻しまして、

図書館戦争は、その俺の好き嫌いを、ずばり、ぶっ壊してくれました!

図書館戦争は、表向きは(というか、名前を聞いた第一印象)、

近未来の事情を描いた深い話になってはいますが・・・、

実は、バリッバリの、くっさくさの、

純愛物語なのです・・・



・・・ぶっちゃけますと、それをはじめから知っていたら、俺見ませんでしたわwww

しかし!!!

この、図書館戦争という物語は、

近未来の明らかに理不尽な法律制定により失われつつある文化を守るために、

構成された、反政府の(あぱらんちですよ、ビンラディ○ですよ)銃を所持した軍隊がメインとなる、

普通にまともな思考を持って考えてみたら、反逆行為となる危険分子をベースとしたこの作品は、

本来なら、死人が出たり、血しぶきが飛び交ったり、世論だの政治が絡んだり・・と、

完全に狂った作品になるはずなんです・・・。


しかし、実際の図書館戦争の内容となると・・・

純愛、青春、友情・・・ もろ、学園天国ラブコメ状態じゃないですか!?

くっさくさですよ、くっさくっさにしてやんよー♪ですよ、まぢで。(意味不)


・・・図書館戦争は、そんなどろどろと、爽やかさをミックスした、

まさに、苦味と甘みの融合や~(意味不)


そんな、いろんな味が楽しめるバイキングのような物語。 それが、図書館戦争。


んで、主軸となる人物が、この二人なんですけど、


s-toshokan.jpg



この二人は、簡単に説明すると、熱血ヴァカ (笑)

この作品を支えていると思うのは、やはり、個性的な登場人物たちだと思う。


大柄で猪突猛進な男まさりの女主人公。

小柄で強気で糞真面目な男上司。


…などなど、その他多種多様の、彼、彼女らの会話が実にユニークで面白い。

萌えアニメにありがちな、
あの意味不明な萌えぜりふの使い回しが全く無いのが個人的にかなり好印象ww



先々の物語の展開も、特に人間関係、恋愛関係が読めないところがいい。

メインキャラは必ず誰かと誰かがくっつくという、恋愛創作物につきまとう常識がないのがいい。


最も一番思ったのは、声優がかなりはまっていたということww


・・・とまあ、べた褒めしてみたが、原作を読んでない自分が書いたことなので、

突っ込みどころは満載かもしれません(汗)


でも、図書館戦争は、本当に面白い作品なので、

皆さんも機会があったら、ぜひ拝見されみては?
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。